読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルが好きな人たちを受け入れることができません。

そういえば、大学に入ってからさして悩みごとがなくなった。

嫌いな人がいてイライラするということもなくなった。

大学に入れば、高校までと違って、嫌いな人がいれば自分で距離を置くことができるからだろう。

:-)

:^/

:●

いやいや、それでもしかし、私にも受け入れることができない人種というものがいて、

アイドルが好きという人を受け入れられませぬ!!

それは、小学生の頃からだった。

自分自身まったくアイドルにはまったことはないのだが、やはり友達の中には、アイドルが好きな子がいた。 DVD見せられたり、そやつらの話を聞かされたりするんだけど、なにがいいのか理解できない。

男にしろ、女にしろ。

そんな子たちが、アイドルの話をしているときの目は、何にも負けないくらいキラキラしていた。 好きになるその気持ちは、どこから生まれてくるのだろう。

いい人だなあ…って思ってた人がアイドルが好きだと知った瞬間、パッと冷めてしまう。 (完全なる偏見だけど)

この良さを理解できない私が未熟か。

好みは、ひとそれぞれなんだとわかっているつもりでいるけど、

なんだかなあ。

大学生になった今、振り返ると現在でも友人関係がつながっている人を見ると、アイドル好きな子はだれもいない。

アイドルが好きな子と一緒に遊びに行くほど仲良くなったとしても、それ以上距離を縮めることができない何かを感じた。

いつも、壁があるようだ。 アイドルを好きな人と、そうでない人…

そうやって、人間を2つにわけるのはよくない点もあるだろうけど、明らかな差があると思う。

美しいものに目を引かれ、追っかけたくなるのは、本性なの?